編集部からのお知らせ

「私たちにあったのは恋じゃなかった~先輩と私の300日~」砂川雨路/著  感想ノート

感想等ありましたらお願いします。

  • mako makoさん


    素敵なレビューをありがとうございました!このお話は野いちご、ベリカに登録した二年前に書いたお話です。今にしてみると、もう少ししっかり描きたかったなぁというシーンばかりで反省してしまいます。でも、こんな若い焦燥や止められない情熱みたいな感情は、書いていてワクワクでした。
    続編のご要望もありがとうございます!現時点では、この終わりがベストかなと思っております。
    続編の構想はあるんですよー。大学生になったふたりの再会になるのですが、ちょっと大人めな内容になってしまいそうで。それなら、このまま青春小説で終わらせたいなあという作者の我儘です。まことに申し訳ありません。
    最近はベリカ限定モノばかり書いておりますが、よろしければ他の作品も覗いてみてくださいませ。励みになるレビューをありがとうございました。

    砂川雨路   2015/11/27 23:41

  • 夢幻キリコさん


    こちらにもご感想ありがとうございます!いつも夢幻さんのブログでボカロ文化に触れています、砂川です。
    この作品は野いちごで初めて学園モノを書こうと書き出したものです。タイトルや設定は野いちごウケをあざとく狙いました(笑)今思えば、もっとじっくり長くかけるお話だったなぁと反省しています。
    愛と嫉妬と憎悪と別れ。二人の対立感情の集約には別れしか用意してあげられませんでした。サイドストーリーとして、数年後再会する二人の構想はあるのですが、現時点ではお話にしない方がすっきりしていていいなとも思います。
    ちなみに私はバスケ経験者ではないんです。ただ、仕事が運動指導業なので、バスケ部の男子たちをしごくイメージで練習風景を書かせていただきました。

    砂川雨路   2015/03/29 14:08

  • 読了いたしました。

    甘々でハッピーエンド恋愛作品ばかりのこのサイトにおいて、こういった苦いアンハッピーエンドな物語もいいですね。
    サブタイですでにラストは予告されていたとはいえ、やはり期待してしまいました。
    予想通り期待は裏切られ、二人は離ればなれ。
    それでもなぜか爽やかな風を感じました。
    遠く離れていても、気持ちは通じ合っている。
    それが愛情ではなくても、人は強く生きていける。
    恋ではなくても恋心はあった。
    それだけでこの物語は十分なのかもしれませんね。

    専門用語が何度か出てきたのですが、砂川さんはバスケ経験者でしょうか。
    また、表現力も素晴らしく、情景や心情の描写はあいかわらず秀逸だなぁと感心しきりです。
    これからも執筆がんばってくださいね!

    素敵なお話をありがとうございました。

    夢幻キリコ(退会)
    2015/03/29 09:05

  • sora #様


    嬉しいお言葉をありがとうございます。
    私にとっても思い入れのある内容だったので、そんな風に思ってもらえて感動です。

    二人は現時点では別な道を歩き出しました。
    今後の二人を書く機会がありましたら、
    本作品の表紙で告知させていただきたいと思います。

    二人の未来を願ってくださり、本作品を愛してくださり、ありがとうございました。

    砂川雨路   2014/02/16 07:57

  • 初めて、sora #です。

    このお話を読んで元気付られました....
    ありがとうございます。
    私もバスケ部で、共感できるとこもあれば、参考にもなりました、
    それよりも私ゎこの作品に感動しました、
    野いちごファンですが、今まで私の中で1番の作品です♡
    涙が出ました、そして、頑張ろうッて思えました、
    もし、続きを書かれるのならまた読みたいです

    この作品に出会えて良かったです。
    ありがとうございます。

    sora #   2014/02/15 20:02

>>全て見る