「神様なんて信じないっ!~イケメンと妖怪、召喚しちゃいました~」真彩-mahya-/著  感想ノート

完結しました(*^^*)

  • 夢幻キリコさん☆

    最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

    そうですね、ぷっちょり女子が痩せる話かと思ったら全然違う方向に行きましたね笑
    おっしゃるとおり、今見るとそんなに立てなくてもってくらいのフラグが……。
    最初からこうする予定だったんですよ。時代トリップで完全ハッピーエンドはないと昔から思ってて、四郎くんはこういうことになってしまいました。

    オロチもちょっと気の毒でしたね。いつか完全無欠の悪いやつも書いてみたい気がしますけど。

    お城が燃えるシーンは、私も書いてて切なかったです。
    天草四郎を純粋に信じていた人たちもいたのだろうと思うと、どうしても彼らを置いて四郎くんだけのほほんと幸せにすることができませんでした(´・ω・`)

    史実交じりのファンタジー、楽しいですよね~。
    いつかまたやりたいと思います。

    感想をくださり、ありがとうございました!!

    真彩-mahya-   2016/09/29 22:02

  • 読了いたしました。

    始まり方がコメディタッチだったのでその路線でいくのかと思いきや、意外に中盤以降はシリアスでしたねぇ。
    友達が次々と豹変していく展開はホラーチックで怖かった><
    四郎くんはフラグ立てまくりだったのでラストの展開は読めてしまいましたが、一応はハッピーエンドでいいのかな?(^_^;)
    悪役のオロチにも背景を設定し、完全な悪にしなかったところが真彩さんらしいところですね^^
    自分に自信の持てなかったヒロインが、四郎との生活を通じて少しずつ強くなっていく過程が面白かったと思います。
    燃えるお城のシーンは切なかった(-_-)
    きっと実際にもあんなドラマはあったのでしょうねぇ。
    少し史実を交えるところも、「幕末オオカミ」のノリを感じましたw
    こういう軽い歴史物は、堅苦しくなく読めるのでいいですね。
    これからもぜひチャレンジしてくださいね!

    いつも素敵なお話をありがとうございます(*^_^*)

    夢幻キリコ   2016/09/27 21:12

  • えりのすけえり太郎さん

    読んでくださり、ありがとうございます!
    歴史モノ、好きなんでまた書きたいんですけどねえ……←
    いつかまた書けたらいいなと思います(*'ω'*)

    真彩-mahya-   2016/08/29 22:45

  • とても、面白く感動的でした。
    また、歴史恋愛物を楽しみにしています。

    えりのすけえり太郎   2016/08/22 20:53

  • ☆莉乃★さん☆

    こんにちわ!読んでくださり、ありがとうございます!!

    あ、四郎くんの名前ですね~?
    答えは……

    すみません、ありません!!(ちーん)

    読者様に、色々と想像していただけたらと思って……

    莉乃さんが好きな名前で、今後の二人がどうなるか想像していただけたら嬉しいです。


    見習っていただけるような大層な者でもありませんが、そう言っていただけて嬉しいです。

    どうもありがとうございます!

    真彩-mahya-   2016/01/06 23:08

>>全て見る