2020年9月発売のスターツ出版文庫

恋のライバル出現で、ついに旦那さまの独占欲が発動!?
ウソつき夫婦のあやかし婚姻事情~天邪鬼旦那さまと新婚旅行!?~
ウソつき夫婦のあやかし婚姻事情~天邪鬼旦那さまと新婚旅行!?~
発売日:
2020/09/28
定 価:
660円(税込)
イラストレーター:漣ミサ
あらすじ
妖の呪いから身を守ることを条件に、天邪鬼の半妖である上司・天野と偽装夫婦になった玲央奈。偽の夫婦なはずなのに、いつしかツンデレな旦那さまを愛おしく感じつつある自分にウソはつけない…。そんな中、妖専門の温泉宿『真宵亭』に招待され、新婚旅行をすることに。しかし、そこで“書道界の貴公子”こと白蛇の半妖・蛇目に、天野の前でゲリラ求婚されてしまう!まさかの恋のライバル出現に、独占欲むきだしの天野はまるで本当の旦那さまのようで…!?大人気チビ天野も再登場!ウソつき夫婦の妖ラブコメ、待望の第2弾!
著者コメント
編乃肌です。皆様のおかげで1巻重版&2巻を出させて頂くことになりました!本当にありがとうございます!今回のウソつき夫婦は『新婚旅行編』ということで、糖度が前巻よりパワーアップしております。お馴染みキャラの活躍はもちろん、天野に強力なライバルも出現し、とっても賑やかな1冊になったと思います。秋色の美しい表紙と、可愛いチビ天野も含めて楽しんでいただけたら幸いです。なにとぞよろしくお願いいたします!
私はこの夏を、一生忘れないだろう――。一瞬を生きた少女の命の物語。
天国までの49日間 ラストサマー
天国までの49日間 ラストサマー
発売日:
2020/09/28
定 価:
715円(税込)
イラストレーター:げみ
あらすじ
霊感があることを周囲に隠し、コンプレックスとして生きてきた稜歩。高校に入って同じグループの友達がいじめを始めても、止めることができない。そんな中、いじめにあっていた梢が電車に飛び込んで自殺してしまう。責任を感じる稜歩の前に、死んだはずの梢が幽霊として現れる。意外なことに梢は、自殺したのではなく他殺されたと言うのだ。稜歩は、梢の死の真相を探るべく、同じクラスの霊感少年・榊と共に、犯人捜しを始めるが…。気づけばいじめの加害者である稜歩と被害者の梢の不思議な友情が芽生えていた。しかし、別れのときは迫り――。
著者コメント
「天49」シリーズ第3弾ですが、この本から読んでも十分楽しめるように書いています。「天49」ファンの方も、初めて私の作品を手に取る方も、よろしくお願いします。いじめについて、友情について。作品を通して、自分なりに考えて頂ければと思います。高校生になった榊の活躍にもご期待下さい。
「生涯、お前だけを愛している」千年の時空を超えた神様と人間の夫婦物語。
お伊勢 水神様のお宿に嫁入りいたします
[原題]【伊勢 異類婚姻譚】水神さまの花嫁は 恋の縁を廻る
お伊勢 水神様のお宿に嫁入りいたします
発売日:
2020/09/28
定 価:
704円(税込)
イラストレーター:セカイメグル
あらすじ
神様とあやかしだけが入れる伊勢のお宿「天のいわ屋」。幼い頃に両親を亡くし、この宿に引き取られたいつきは、宿の若旦那である水神様・ミヅハをはじめ、仲間たちと楽しく働いていた。しかしある日、育ての母でもある女将・瀬織津姫から、ミヅハとの結婚を言い渡される。幼馴染のミヅハが密かに初恋だったいつきは、戸惑いつつも嬉しさを隠せない。そんな折、いつきが謎の体調不良で倒れてしまう。そこには、いつきとミヅハの結婚を阻む秘密が隠されていて…!?千年の遥か昔から続く、悲しくも温かい恋物語。
著者コメント
こんにちは。和泉あやです。昔から神社仏閣、神様あやかしが好きで、こうして書籍化していただけることになりとても嬉しいです。今作は伊勢を舞台にした、千年という長い時間と深い縁を持って夫婦になる人間と神様のラブストーリーです。育ての親である姫神様との親子愛や、宿のあやかし従業員との絆。そして!伊勢の美味しいものも登場します!セカイメグル先生が描く美麗なイラストと共に楽しんでいただけますと幸いです。
隣の君が教えてくれた。『ここは自由な世界なのさ』
未だ青い僕たちは
[原題]未だ蒼い僕たちは
未だ青い僕たちは
発売日:
2020/09/28
定 価:
682円(税込)
イラストレーター:フライ
あらすじ
雑誌の読モをしている高3の野乃花は、苦手なアニメオタク・原田と隣の席になる。しかしそんな彼の裏の顔は、SNSでフォロワー1万人を超えるアニメ界のカリスマだった!原田の考え方や言葉に感銘を受けた野乃花は、正体を隠してSNSでやりとりを始める。現実世界では一切交わりのないふたりが、ネットの中では互いに必要不可欠な存在になっていって―!?「なにをするのもきみの自由、ここは自由な世界なのさ」。学校という狭い世界で自分を偽りがんじがらめになっていた野乃花は、原田の言葉に勇気をもらい、自分を変えるべく一歩を踏み出すが―。
著者コメント
はじめまして、音はつきです。この度『未だ青い僕たちは』を書籍化していただくこととなりました。アニメオタクの原田と、雑誌の読モをしている野乃花という全く異なる世界で生きてきたふたりの物語です。原田はとても個性的なのですが、きっとみなさんにも好きになってもらえるんじゃないかなと思っています。インターネットで育む絆と、現実世界での葛藤を通して成長していくふたりの姿を楽しんでいただけたら嬉しいです。