プロフィール

竹久祐
【会員番号】294244
描きたいものを書く──がモットーです

*雨シリーズ
「雨に似ている」「金木犀のアリア」
「金木犀のアリア、あなたしか見えない」
「風は囁く」「風の中」「ROSE」

は、音楽家志望のキャラ、学園ものです


*その他ジャンルも書いてます

公開リスト一覧

公開されているリストはありません。

レビュー一覧

★★★★★
2020/09/14 16:25
手に汗握る刑事丸ごとの読み応え

ドキドキハラハラしながら、また手に汗握る展開で、躍動感も臨場感もあり、最後まで楽しく読ませていただきました。 刑事モノのドラマを丸々1本、堪能できたといったお得感です。 クールな若頭が時折みせるちょっとした雰囲気や仕草と激しさも魅力的で「龍司」と呼んでしまいそうでした。流石です、まめ姐さんと呼ばせてください。

続きを見る
★★★★
2017/07/06 23:04
命の大切さが胸に迫る作品でした

音楽というスパイスを利かせて、命の大切さや愛の深さを切々と描いた作品。 詩乃と律の奏でるクライスラー作曲「愛の悲しみ」「愛の喜び」を聴いてみたいと思いつつ、一気に読ませていただきました。 切ないながらも感動的な作品ですよ

続きを見る
★★★★★
2016/12/01 21:53
ネタバレ
息つく間もない臨場感でした

レビューを見る
★★★★
2016/11/21 00:18
雨上がりの空のような作品でした

好きな人、友達を思う気持ちが切ない作品でした。細かな気持ちの揺れを表す行動や、心とは違う言葉に痛いほど思いが伝わってきました。サブキャラの優しさも光り、随所に散りばめた気候や色の演出も巧みでした。心に残る、読後感も爽やかな秀作です。

続きを見る
★★★★
2016/11/18 13:35
愛しているからこその思いが切なすぎて

好きだからこそ、愛していればこそ、相手の思いを尊重してつく嘘が、とても切なくて悲しくて、でも優しい……複雑な気持ちが、うまく描けている作品でした。友情の絆があるからこそ裏切れない思いも辛さも、葛藤する様子が胸に迫り、緊迫感もありながら、絡み合う様々な心情や言葉、行動の端々に人を好きになり傷つけたくない強い思いやりも、スパイスが効かせてあり、惹きつけられる秀作でした。

続きを見る
pagetop