それにしても、私を訪ねてくるなんて、誰だろ?

春斗?

けど、春斗がスーツって、ないよね。


……まさか、秋斗?


―――― なわけないか。


いくらなんでも、わざわざ私宛に来るなんて、それこそないよね。

「まぁ、いいや。さ、仕事仕事」

誰なのかも解らない訪問者を、気にしている暇はない。
PCに向かえば、仕事は山積みだ。
残業は、できるだけしたくない。

うちの会社は、外資でもないのに残業=仕事できない人間とみなされる。
意味もなく残業を強いられる、日本企業の風潮がないのがいいところ。

ちゃっちゃと片付けて、今日もさっさと帰宅しよう。



定時三十分前。
仕事にラストスパートをかけていたら、隣の新井君からヘルプがかかった。

「悪い、蒼井。ちょっとこれ手伝って」
「えぇー。私定時に上がりたいのにー」

わざとかわいこぶって訴えかけると、全然可愛くない。と真顔で言われて睨んでみたけど少しも動じない。

「あのね。それが人に物を頼む態度?」
「ああ、ごめんごめん。お前の顔見てたら、つい口が滑った。今度、昼飯おごるから、な」

これは、剃り残しと言った仕返しか?