★★★★★
瞬き
忘れられない、優しい恋。それは自分のものではないけれど、心に残っていた。

なんて優しくて、切ない物語なんだろうと思いました。
柔らかい文章の温かさと、物語の切なさが合わさって何とも言えない気持ちになります。

瞬きすら惜しむくらいの、キラキラ輝く柔らかい光。それがどんなものか、頭に浮かぶようでした。

春の肌寒さの残る中にある、じんわりとした温かさを感じられるような作品でした。
ぜひご一読ください。
愛庭ゆめ
14/04/05 12:32

>>新着レビュー一覧へ