約三年前にスキー事故によって脊椎損傷の事故を負い、歩く事を奪われ車椅子生活を余儀なくされました。やっと会社に復帰したのもつかの間、車椅子生活者にとって最大の敵「褥創」を患ってしまい数度のオペを行いました。しかし、医療ミス、看護ミスが重なり未だ病院のベッドの上にいます。その病床でノンフィクションとフィクションを織り交ぜ書きました。