★★★★★
キズナってきっと
人とのキズナって、目には絶対に見えない。

友情も、愛情も、言葉にしたって……それが本当なのかなんて分からない。

だけど、ここにあるのは確かに“キズナ”だった。

“彼”が確かに築き上げた……“キズナ”だった。

千日紅。

彼がこの名前に込めた思いは、きっと皆に届くはず。





見えないけれど、確実にそこにあるものがある。

キズナってきっと……、心で感じるもの。

あなたも、その心に問いかけてみませんか?




涙がポロリ。きっと人をもっともっと大切にしたくなる。

そんな、感動がつまった小説。

ぜひ、ご一読を。
にゃっと
14/04/05 20:04

>>新着レビュー一覧へ