土砂降りの雨の日、優しくて素敵なあの

人に魅かれ、身体を重ねてしまう。

お互い惹かれあっているのに、彼女は彼

の心が見えず甘い囁きにも不安を感じ、

彼は、甘い囁きにも心を見せない彼女に

不安を感じながら、彼女を落としていく


あなたの心の声がほしい…

「愛してる」

お互いに一つの言葉が言えず、勘違いを

しながらもまわりの後押しでハッピーエ

ンドに向かっていくじれったい2人のや

りとりににやけて頂けたら幸いです。

はじめての作品なので誤字、脱字はお許しください。

この作品のキーワード
甘々  じれじれ  男目線  溺愛