「もし明日も雨が降ったら…」

出版社に勤めるOL・川上 小春
後輩でライターの石田 奏太

接点のなかったふたりが出逢ったのは、
雨が降るある午後の日のことでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

*初作品です。めざせ胸キュン小説!

この作品のキーワード
胸キュン  ときめき  リアル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。