全てを失い、生きる事を諦めた少女


「もう、どうでもいい」
「私に生きる意味なんてない」
「…消えたい」






「俺が一生守ってやる。」



私に生きる希望をくれたのは、
その温かいぬくもりだった。






一部修正します。
修正完了次第UPします。

この作品のキーワード
溺愛  社長  ドン底  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。