極上のホラーをお楽しみ下さい。 悪戯に怖くしようと書いてませんが、逆にリアリティのある恐ろしさを作ってしまいました。 決して霧の夜に墓場で独りでは読まないで下さい。