瑛莉菜はこの作品の作者で、今やレーベルを代表する売れっ子作家となった、やよいはるの担当編集者なのだ。


増刷に次ぐ増刷、そしてアニメ化まで決定した今だからこそ、次なる売れる作品を書いてもらわないと困る。

いや、書かせる!


「この『結婚しナイト!』がヒットした今、先生に書いてもらわないと困るんです! 編集部も期待してます!」

「えー、でも俺疲れた。3年も書いたんだよ、もう書けない。宇野(うの)ちゃん、お休みちょーだい」


瑛莉菜の目の前にいる売れっ子作家・やよいはるは、しなを作ってウィンク付きで"お休み"を強請る。


「ダメです! 絶対ダメ!」

「むりむりむり〜! だって俺、おっさんだもん! もう35歳だもん! 休まないと死ぬし、乙女の恋愛なんてもう書けない!」


35歳のおっさんのくせに駄々をこねるな!と言いたいのを必死に堪えて、瑛莉菜は痛むこめかみを押さえた。



ミエル文庫の人気作家・やよいはるといえば、乙女心をキュンとさせるかっこいいヒーローと、女子なら一度は憧れるようなロマンチックなストーリー構成でファンを獲得し続けている。

そのやよいはること竜田弥生(たつたやよい)が、実は35歳独身の男性だということは、トップシークレットだった。

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。