月が暗い闇夜を照らしていた。

ギギィ……

アスファルトにタイヤがこすれる音が、寂しげな墓に響き渡る。

車いすの男がひとつの墓の前で停まった。

「母さん。父さん。遅くなってごめん」

男は微笑むと冷たい墓石に触れた。

「……へえ。まだ、憎んでるんだ」

そう言って墓に背を向ける。

「……悪いね。僕もまだ分からないんだ。あの事故の謎は……」

月が怪しげな光を放っていた。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。