「友美さん……」

その隣に草木が座り込む。

「……ごめんなさい。皆さん、出ていって。一人にして!」

友美の言葉に皆が一斉にリビングから出ていく。

彼女に沸き立った感情――。













それはまぎれもない、悲しみ――。



この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー