「ここですけど……書庫。」

1階の廊下のつきあたりにある古くからの書庫。

詩音は瑠花に借りた書庫の鍵で扉を開けた。

「へえ。やっぱり君の家はどうかしてるな」

叶亜がさっさと書庫の中へ入っていく。

「というか……なんで書庫なんかに?」

詩音は叶亜の後に続いて中へ入る。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。