大司はベッドに腰を下ろした。

息を整え、天井を見上げる。

全く……分からない奴らだ。

ため息を吐いた、そのとき、

コンコン。

ドアがノックされた。

「なんだ?」

家政婦の瑠花かと思ったが、違った。

この作品のキーワード
推理  探偵  喫茶店  毒舌  紳士  遺産  謎解き  ミステリー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。