ただ、憧れていただけでした。

あなたも、私を見てくれていました。


ただ、好きだっただけでした。

あなたも、好きだと言ってくれました。


傍に居たいと、願っていただけでした。

あなたも、傍に居てと言ってくれました。


幸せは犠牲の上に成り立つものだと、
あなたを愛して知りました。



「椿ノ華」より、桜と啓志のお話です



この作品のキーワード
  純愛  禁断  財閥  別れ  悲恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。