綾華は外苑大学の駐車場に来ていた。

一台の車の前で傘をさして、ある人物を待っていた。

まったく……どこほっつき歩いてるのか。

何度目かのため息を吐いたところで、大学から目的としている人物が出てきた。

綾華の姿をとらえると、「げっ」と後ずさる。

阿部雄三。綾華の下僕だ。

「は、播磨……っ。なんでお前、ここに」

「何を言ってるんですか。阿部刑事は私の下僕と言ったはずです。勝手に行動なんて許されません」

「知り合いに用があったんだよ。」

ぶっきらぼうにそう言うと、阿部は運転席に乗り込んだ。

「知り合い?出会い系サイトか何かで知り合った女子大生ですか?」

「ちげぇよ!!生憎、俺は女子大生は恋愛対象外なんでな」

「奥さんいないくせに、ずいぶんと上からですね」

雨の音に混じって後ろから聞こえた声に、綾華は振り返る。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。