「欲しかったんですね。やっぱ」

「うるさい。飾り物にするだけだ。君は帰れ。ただでさえ、僕は忙しいのに」

「全然忙しそうに見えませんけど……」

車椅子で優雅にコーヒー飲んでるだけじゃないか。

「大人の事情というものがあるだろ。……それと。君の友達」

叶亜はティースプーンで詩音を指差した。

「妙な感じがする。気を付けろ」


この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。