「止まねぇ雨だな。気分がジメジメするぜ」

窓の外をみていた阿部は、降り続ける雨をみてため息を吐いた。

カーテンを閉め、舞の部屋をじっくりと見回している叶亜に聞く。

「何か分かったか?」

「この10分程度で何か分かるわけないですよ」

叶亜は視線をこちらに向けずに答えた。

「当たり前でしょ。何度言えば分かるの。ここは警察がまんべんなく探してるのよ?素人に何が見つけられるの。」

綾華が壁に寄りかかり、喧嘩腰で叶亜に言った。

だが、叶亜はそんなものを相手にせず、じっくりと何かを考えている。

「……なにか、なにかが足りない。なんだ、この違和感……」

ぶつぶつと呟いている叶亜を見るのは、久しぶりだ。

いつもなら、余裕の笑みで犯人を言い当てているのに。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。