キィィィンとタイヤとアスファルトが擦れるような音が、雨の中響き渡る。

信号待ちの車の間を器用にすり抜けていき、カーチェイスのようなスピードで車が走っている。

「お、おいっ!!何してんだよ!播磨ぁ!」

「うるさいっ!!黙ってて!!」

「これ、俺の車……」

右へ左へと身体を動かされ、窓に何度も頭をぶつける。

スピード違反に信号無視。

とても刑事がやるような運転じゃない。

これで事故が起きてないのが不思議なくらいだ。

勢いを増して突っ走っていると、脇からバイクが出てきた。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。