目の前では警察官と男たちが闘っていた。

木刀で頭を殴られ血を流す警察官や、暴行をうけて青アザだらけの警察官。

相手は暴力を得意とする集団。

警察官が不利なのは目に見えてる。

「……おいっ!行くぞ!」

詩音にナイフを突きつけていた光が、詩音の拘束されていた手首のガムテープをほどいた。

……と思うと、腕を掴んで走り出す。

「どこ行くの!?離して!!」

「抵抗するな!!刺すぞ!!」

向けられたナイフ。

キラリと銀に光るナイフの切っ先は、詩音の心臓を指していた。

詩音の動きが固まるのを確認すると、再び走り出す光。

倉庫の裏口から出ると、そこに警察官はいなかった。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。