やっぱり、開いている。

暗い商店街にひとつだけ明かりが点いている喫茶店。

その喫茶店のドアを開けると、カラン……とドアについている鈴が揺れた。

カウンター席の向こうの棚に、コーヒー豆の入ったビンがずらっといくつも並んでいる。

店内を流れる静かな蓄音機が、夜の商店街の雰囲気を醸し出しているよう。

「……あいっかわらず、不気味な喫茶店だな」

そう呟きカウンター席に座ると同時に、カウンターの奥から車椅子に乗った叶亜がやって来た。


この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。