「本当はどうなの?そのマグカップ」

「えっ?」

帰り道。愛月が聞いてきた。

「知り合いって、私が紹介したマスターのことでしょ?」

愛月には何でも話せる。

詩音は頬を赤らめながらうなずいた。

「事件のお礼をね……。あっ!でも、これ内緒だからね!」

「はいはい。リア充はエンジョイしてねー。」

「もうっ……愛月ってば……」

愛月とは商店街と住宅街の曲がり角で別れた。

詩音は商店街の方へ向かって歩く。


この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。