何かあったんだろうか。

震える手で通話ボタンを押す。

「もしも……」

『こ、詩音!?大変なの!』

焦ったような葵の声。

明らかに様子がおかしい。

「な、なに?なにがあったの?」

『わ、私……。もうダメかもしれない』

「どういうこと?」

『詩音、助けて』

ダメかもしれない?

助けて?

葵の身に一体何が……。

落ち着け。自分が慌てたら、葵にもそれが伝染してパニックになる。

私が落ち着かないと。

この作品のキーワード
推理  探偵  友達  喫茶店  意地悪  紳士  ミステリー  謎解き 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。