『陸、それは出来ないや…』






『…頼む、海と向き合ってやれよ』





『じゃ…陸はまた私に演じさせるの?
 海君を好きな女の子、そう演じさせる?
 海君とこのまま結婚して、子どもを産んで、何もなかったように海君の隣で、必死に笑い続けてればいい…?』






紗奈のその言葉に、俺は何も言えなかったー…





『陸、たった一度だけの人生なんだよ?
 たった一度の人生、陸以外の人には非難されるかもしれない…
 陸以外の人は私から離れていくかもしれない、最低な女だって…

 でもね…?
 他の誰を失ってもいい、沢山の人に背中を向けられても、それでも私は陸を好きでいたいの。

 陸と一緒にいたいの…だから、早く陸も私を好きになってよ…?』







『……紗奈、俺はもうお前を傷つけたくない…』






『……え……?』









俺が紗奈の手を離した理由ー…




それは紗奈の手を離さなければ、紗奈が前を向けなくなる、そう思ったからで。




だから、俺といることがお前を幸せにできることとは思えないー…







『お前は忘れたの?
 俺と昔、何があったか……』





あの頃のように触れられる距離に紗奈はいるのに、それでもあの頃以上に紗奈の存在は遠い…