睦月 和琴さま

素敵なレビューをありがとうございます!
長編をお読みいただけて、本当に感謝です(*^^*)

最初のプロット作成時に“代償”の重みを計算したとき、どうやったら改変未来の重さに等しくなるか、答えを出せずにいました。
でも、実際に登場人物が動き始めると、煥が自然にあの言葉を口にしてくれました。

私は舞台装置を組むだけの役目で、後の味付けは登場人物任せです。
おかげで『銀髪の悪魔~』はハードボイルド風味、『姫のツルギ~』はファンタジー風味が強くなりました。

海牙で書くときは頭脳戦のサイコホラー風味、理仁はスケールを広げた終末SF風味になるかなと思っています。
まだ少し先になりますが、必ず書きますので、よかったら遊びに来てくださいm(_ _)m

本当にありがとうございました♪

氷月あや 15/11/09 02:02

睦月 和琴さま

外側から描くのと内側から描くのでは、やっぱり感触が違いますね。
「パパ」は、私も書きながらニヤニヤしていました(*^^*)

異能力バトルという点では『銀髪の悪魔~』のほうがガッツリ書き込めてます。
それぞれの能力の活かし所を考えるのが楽しくて、筆が乗りました。
最後のほう、ほんとにバトル描写ばっかりになります(^-^;

『姫のツルギ~』では、主人公の鈴蘭が戦力にならないので、バトル展開を避けてました。
両作とも、海牙の理系頭脳を活かしきれてないのが悔やまれる……次回の課題です。


大会お疲れさまでした。
演劇をされてるんですね!
私の弟も中学から演劇をやっていて、今は関東で社会人のアマチュア劇団に入ってますよ。
先々週の演劇バトルで予選落ちして悔しがっていました。


コメントありがとうございました♪

氷月あや 15/10/30 00:03

アキラ、たしかにいじられてますね。
『姫のツルギ』だと、クールなイメージが強かった彼です。師央くんに「パパ」と呼ばれたときの反応が面白くて、にやにやしています。

こっちの鈴蘭もいいですね。強気な子、好きなんですー!
アキラにも、ぐいぐい接近している気がします。

師央くんの能力すごいですね。見よう見まねで出来るって。てっきりアキラと同じ能力だと思っていました(*^^*)

部活の大会(演劇です)、賞はとれませんでしたが、たくさんのお褒めの言葉をいただくことができて嬉しかったです。

睦月 和琴(退会) 15/10/29 12:29

ICHIKA.さま

素敵なレビューをいただき、ありがとうございます!
たくさんのお誉めのお言葉、とても嬉しいです(*^^*)

時間が交差するSFを書いたのは『銀髪の悪魔~』が初めてでした。
プロットを作りながら、頭が煙をあげそうになりました(^-^;
きちんとロジックを組み立てることができた達成感はとても大きかったです。

バトルを書くのは大好きなんです。
わかりやすかったのなら、よかったです(゚▽゚*)

「一文を短く、余白を有効に使って“緊迫感”と“瞬間”を表現する」
という藤沢周平さん(時代小説の大先生です)の方式を、いつも使っています。
このやり方、ケータイ小説にも向いているのかもしれません。

これからも精進します。
また気が向いたときにお付き合いいただけたら嬉しいです。

お読みいただき、ありがとうございました♪

氷月あや 15/10/25 13:26

睦月 和琴さま

コメントありがとうございます♪
部活の大会、調子はいかがでしょうか?

「無鉄砲」、鉄砲と掛けてます(*^^*)
煥が直感的な人間なので、直感的な言葉遣い・言葉遊びで書き進めた箇所もあります。

『姫のツルギ~』でも煥はいじられ役ですが、『銀髪の悪魔~』は師央という特殊な存在がいるぶん、もっといじりやすくて(笑)
意地悪な作者に書かれると、登場人物も苦労しますね(゚▽゚*)
最近書いたハロウィン短編では、理系の彼をいじり倒してあります。

寧々たちももっと出したいところなんですけど、能力を持ってないせいで、途中からフェードアウトしてしまうんですよね……。

無理のないペースで読み進めていただけたら嬉しいです。

氷月あや 15/10/24 13:30

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?