その腕が彼女を抱き、

その声が彼女を呼び、

あなたは彼女のためだけに。




存在するのだとしてもどうか、

「ありがとな、お前のおかげだ」

――手の平だけは、私のために。




この作品のキーワード
手のひら  独占欲  高校生  片思い  告白  失恋  友達  放課後  バスケ部  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。