「そのプーさん、知ってる。」

「は?」

そんな一言から始まった、
私とアイツの物語。

これから、あんなにも誰かを好きになることを知るなんて。

この頃の私はまだ知らない。

目次

この作品のキーワード
意地悪  モテ男    高校  思い出