>♡shion♡さま

お読みいただき、ありがとうございます!

以前はよくBUMPのタイトルを借りた短編を書いてたんですけど、【R. I. P.】は特に本家を意識してます。

元気になってもらえるような、肌ざわりのいいものを打ち出していけたらなー。
と、最近ほんとにいろいろ模索してます。
基本、シリアスというか暗いというか、そういう人間なので(^^;
でも、楽しんでもらえるものを創りたいというのが一番強い気持ちです。

コメントありがとうございました!

氷川真紗兎 16/03/25 12:45

こんばんわ。
こちらにもお邪魔させていただきました。

タイトルを見たときになんとなくピンときて…。
やはり、BUMPの曲とかけてたんですね^ ^

思い悩んだり気持ちの整理がつかないと無性に物語が読みたくなります。
なんとなくこの作品が私の中でマッチした様で少し元気をもらえた気がしました´ω`

少しふわふわとした感覚になる様で不思議な世界観がすごく良かったです^ ^

元気を貰えるような作品、ありがとうございました^ ^

♡shion♡ 16/03/25 00:28

>伯龍さま

お久しぶりです!

再度お読みいただき、ありがとうございます。
BUMPの「R.I.P.」も聴いていただき、ありがとうございます(と僕が言うのも変ですが……)。


学校生活がお忙しそうで、充実しているようで、それはすごく素敵なことですよ(^^)

こちらは消えたり逃げたり隠れたりはしないので。
たまに思い出したときに、チラッと読んだり読み返したり眺めたりしていただけたら嬉しいです。


コメントありがとうございました!

氷川真紗兎 15/07/18 21:02

お久しぶりです

こちら再度読みました

そして原作?原曲?聴いてみてBUMP OF CHICKEN私も好きになりました


曲を聴きながらこちらの作品を読んだら、すごい表現や内容がイメージ通りですごいびっくりしました

改めて本当に憧れます♪

あまり読みに行けてないのですが必ず読破しますので

ずっと応援してます

伯龍(退会) 15/07/18 00:59

>伯龍さま

お忙しい中、書き込みいただき、ありがとうございます!
中間テストですか?
根を詰め過ぎないように、気を付けてくださいね(汗)

この話の元ネタはBUMP OF CHICKENの『R.I.P.』なんですが、これがまた歌詞が秀逸な名曲だから、引っ張られて書かせてもらった感じです。


伯龍さんの作品、読ませていただきました(^^)
まず感じたのが、あれだけ長い物語をきちんと完結させる熱意、でした。
高校時代の僕はそんなに長く書けませんでしたよ。

ミスがあろうが何だろうが、書き上げないことには何も始まらないんですね。
今でこそ僕は、当たり前のように長文を書いていますが、昔はこんな忍耐力がなくて、書きたいものが書けずに悔しい思いをしていました。
伯龍さんの作品に、初心を思い出させていただきました。


感想ノートへの書き込み、本当にありがとうございます!

氷川真紗兎 15/05/19 21:44

氷川真紗兎さん。

こんばんは!感想書きに行けず申し訳無いです泣

もちろんちゃんと読んだのですが…感想書けずに新たなる用事で忘れてしまいました泣

という事で、まずは私の拙すぎる作品への閲覧感謝します♪

そしてこちらの作品とても切なくてでもホッコリとした作品で...

きっと昔の雌の仔犬は慰めるために現れた現実だったのでわ・・・??

と思うくらいのワクワクがあって・・・とても期待を多いに応えてくれるようなそんな作品でした。

本当に感情移入しやすい作品だなぁ・・・と思いました。

素敵な作品をありがとうございました。

またお邪魔します。

伯龍(退会) 15/05/18 22:55

>紅季華さま

素敵なレビューとご感想、ありがとうございます!

教科書なんて言っていただけるほどの代物でもありませんよ(^^;
でも、参考書の片隅の一枠くらいに留めておいていただけたら光栄です。

外部の話になってしまいますが、ブログのお題(ネタ)があるでしょう?
そこで提供されていた
「突然の告白、その場でOKできる?考える時間欲しい?」
というテーマに沿って何か書きたいと思っているうちに、この話が出来上がりました。
どんだけひねくれた回答だ?(笑)
お題の趣旨から外れまくってますね。


お読みいただき、レビューとご感想をくださって、ありがとうございました!

氷川真紗兎 15/05/11 22:44

>伯龍さま

お越しいただき、ありがとうございます。

部活やってる学生さんはお忙しいでしょう(^^;
くれぐれも無理しないでくださいね。

氷川真紗兎 15/05/11 22:37

こんにちは(^-^*)/

あ、おはようございますでしょうか?(笑)


遅くなりましたが読ませていただきました。

主人公と彼女の会話形式で進んでいて凄く読みやすかったです。

しかも、情景まで生き生きと描かれていて

早速教科書にさせてもらおうかな?

とおもってたりします。(笑)


そのくらい凄かったので、ほかの作品にもお邪魔させていただきますね。


レビュー添えさせていただいたので後ほどご確認下さい。



良作ありがとうございました♪

紅季華 15/05/11 07:34

氷川真紗兎さん

こ、これはまた切ない短編ですね・・・表紙がすごい興味を持たせるのでこのあと部活で読めないのですが終わったら読んでまた感想ノートにお邪魔しますね♪

今日は色々重なっていて時間はあまりないのですが今日中を目指して完読します

伯龍(退会) 15/05/10 07:26

次へ

>>感想ノートに戻る

>>作品に戻る

 ※通報とは?