そして肝心の彰さんはというと……。

ベッドの左側を見ると、彼は歯を食いしばり、片手で目元を覆っていた。

その指の隙間からは、透明な雫がポタポタと……。

「彰さん、どうして泣いているんですか?」

「聞くな……嬉しいからに決まっているだろ」


ベッドに膝立ちして、彰さんに向け両腕を伸ばした。

いつもは抱きしめてもらうばかりの私だが、今は男泣きしている彼の頭を胸に抱いてあげた。

すぐに私の腰にも彼の両腕が回り、喜びの中で私たちはお互いを抱きしめ合う。

後ろにパタンと音がしたのは、理事長先生と秘書のふたりが気を利かせて出て行ってくれたから。


「彰さん……祝賀会に戻らなくていいんですか?」

「戻る。だが……あと少し、もう少しだけこうしていたい……」


私のブラウスの胸もとがしっとりと湿っているのを感じていた。

中々、涙を収められずにいる彰さん。
そういえば、彼が泣くのを見るのは初めてかも。

強引に力強く皆んなを引っ張るタイプの人だから、きっと泣き顔を見られるのは恥ずかしいはず。

社長としてトップに立つからには、いつも強くいなければならないと思っていそうな気もする。

そんな強い彰さんは頼もしいけれど、こうして私の前で泣いてくれることも嬉しく思う。

私の前でだけはこういう姿を、もっともっと見せてほしい。

強さも弱さも、彼の全てを私の愛で包んであげたいから。

愛してもらう以上の愛を、彼にあげたい。
もちろん、お腹の赤ちゃんにも……。


「もっと泣いてもいいですよ。私、今……そんな彰さんのことを、すごく愛しく感じるんです」

「バカ野郎……本当に止まらなくなるだろ」


いつか、生まれたこの子に話してあげよう。

今日の日のことを。

あなたのお父さんは嬉しくて泣いたんだよって……そんな優しい内緒の話を……。




【 完 】