それに気づき始めたのは幼稚園のころ。

私は木登りが好きだった。

いや、木登りだけじゃない。塀やジャングルジムのてっぺん、とにかく高いところに行くと落ち着くのでつい登ってしまうのだ。

木の上で寝てしまってお母さんを困らせたこともある。

そしてお母さんも私も、共にたまねぎアレルギー。
日向ぼっこが大好きで、動く物には敏感に反応してしまう。

友達はみんな、「えみりちゃんって子猫みたい」と言った。

だから、中一の夏、あんなことがおこっても何となく納得できたのだ。

この作品のキーワード
  幼馴染み  ファンタジー  猫人間