幽霊として戻ってきた私

彼に自分の存在を気づいてもらうことが

できるのか

新人作家書き下ろしの作品

この作品のキーワード
幽霊  交通事故  彼氏  泣ける  感動