『俺たちの妹・2』の続編です。


現役合格で研修医になった葵(24)。

それを側で見守ってきたみぃ(24)。

「我慢しないでいつでも頼ってよ…」

「重荷になりたくないから…」

2人の意見は交わる事はない。


葵やみぃから頼りにされている日向(34)。

仕事の手伝いをお願いしながら、密かにみぃの様子を監視している彼方(36)。

2人にとっては、いつまで経っても可愛い妹である事に変わりない。

「離れていても家族の繋がりは消えないんだよ」


全てkosumosuの妄想の世界のお話です。医療の事は素人なので、間違っていることがあると思いますが、楽しんで読んで頂けると嬉しいです。



このお話は、主人公の美晴や周りで起こった何気ない日常を書いているので、小説全体では起承転結がありません。
その事で不快に思われる方は、読まないでください。
宜しくお願い致します。

この作品のキーワード
家族愛  病弱      幼馴染  喘息  病院  溺愛  医者