山名マヤ
下から読んでも“やまなまや”

三十路を前にして
人生最大の大失態

酒に酔い夢うつつの状態で
取引先の爽やか営業マンの美しい顔を
拳で思いきり殴ってしまいました

逮捕? 高額慰謝料?
会社もクビ!?

「取引しようぜ」

大きな弱味を握られた私は
豹変した“素”の彼が提示した条件を
飲まないわけにはいかず……

「慰謝料の倍額分こき使ってやる」

2016/8/20〜11/9

この作品のキーワード
取引  取引先  アラサー  裏表  ギャップ