忘れられない男の子がいた。
近所に住む、グレーの瞳の男の子。
瞳が大きく色白な、天使のようなそのルックスに柔らかな歌声で、よく歌ってくれていたっけ。

そんな君が聖なる夜に
まさか再び現れるなんて。

それはきっと、過去に置いてきた初恋

サンタクロースに願ったもの
サンタクロースさん、
どうかあなたも幸せになって。

嬉しい気持ちを届けるサンタクロース。
今も昔も君はずっと
わたしのサンタクロースだったのかも
……しれない。

「待ちくたびれたよ、ひかりちゃん。
僕のこと、覚えてる?」

忘れられるはずのない君は再び
私の目の前に現れた。

サンタクロースは君だった。

恋をするのは、君が最初で最後なんだ。

2016年クリスマス中編(予定)

執筆開始
2016.11.12

2017.2.19
完結しました!

この作品のキーワード
クリスマス  年下男子  年上女子  初恋    純粋  過去  思い出  芸能人  年の差