はっ…!

気がつくと夜が明けていた。
カナトを待っていようとしてたんだけど、寝ちゃったのか。

でもまだ来てないみたい。

外を見てみると、ようやく太陽がのぼり始めている時間。早く起きてもすることなんて特にないのに、もう目が覚めてしまった。

ぐーっと伸びをしていると、突然扉が開けられた。

「神楽弥!大丈夫か!?

…って、大丈夫そうだな」

焦った面持ちから、気の抜けた声に変わる。

「…おはよ」

大丈夫かって、そんなに慌ててどうしたんだろう?

この作品のキーワード
王子  異世界  しっとり  胸キュン  トリップ  ファンタジー  イケメン  曖昧