数ヶ月前私は元姫になった。



理由はありきたり。


私が情報を他の族に漏らしたから。





やってないのに……




ウラギリモノニなった私。





でも、もういいや。






だって、私は身代わり。






あの人の。






そんな奴のこと誰も信じてくれるはずないよね。




“俺は信じるよ”





信じるって言ったのは組の若頭⁉︎



もう誰も信じたくないのに信じたいって思ってしまう少女。
でも、それは許されない事。





だって少女は少女じゃないから。





少女を助けられるのは誰??



思いがけない展開にドキドキ⁉︎




少女の生活を覗いてみませんか??





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気軽に感想を書いてください。

⚠︎中傷行為はおやめください。





















この作品のキーワード
元姫  身代わり        若頭  裏切り