ある日来たのは…
同盟国からの必死の依頼


『我が国の王子と結婚して欲しい』


しかし、そこの王子は同性愛者で有名で…


『愛されないの分かってて行くものですか』


っと、全力拒否の姉に代わりに…


『じゃ、私が行くよ』


同盟国に向かったのは、お転婆で能天気な王女様でした


[嫁を寄越せ]と言う
ぶっ飛び依頼に応えたのは
どこか王女とは思えない
ぶっ飛んだプリンセスでした

この作品のキーワード
政略結婚  王子  王女  プリンセス