「私を愛してるなら、そこにひざまずいて。
できないなら、消えて」


かつて、愛する男に一方的に婚約破棄された
椎名葵(しいなあおい)は
思いもよらぬ場所で、元婚約者と再会する


「ずっと後悔していた」


男の復縁を望む言葉を聞き
葵は笑わずにはいられなかった。


「寝言は寝てからにして下さい」


その昔、自分を捨てたのは
大手飲料水メーカーの御曹司
天野蒼佑(あまのそうすけ)

誰もが認める極上の男

そして自分はかつての婚約者
今となっては身分も立場も違う


けれど彼は、葵にどれだけ無下にあしらわれても
決して引き下がらない


「他の男が君に触れたと考えたら
気が狂いそうになる」



なりふり構わない大人の男の本気が
地味に生きたいと思う葵を追い詰めるがーー。


「今さら愛していると言われても、うっとおしいだけ」


葵は心を許さない。

それは過去、彼を愛し裏切られた自分への
慰めでもあったーー。


start→20180828
end →20181013

この作品のキーワード
溺愛  御曹司  婚約破棄  甘々  再会  大人の恋