火照った顔にそっと先生の指が触れ、ピクリと体が跳ねる。

撫でるようにして頬を包み込んだ大きな手は、少しひんやりと冷たい感じがした。

間近でじっと見つめられて、先生の切れ長の目に吸い込まれそうになる。

また次第に視界が揺れ、見つめる先生の顔が波打って見えていた。


「忘れたい……です」


何とか出したような小さな声は震えていた。

先生に何かを求めているわけではなかった。

ただ、全てを忘れてしまいたい。

その気持ちが素直に声となって口から出ていた。


頬に触れている先生の手が、耳にかかる髪をかき上げる。

ゆらゆら揺れる視界の中で、傾いた先生の顔が近付くのを見ていた。

再び触れ合った唇は、さっきよりも優しくソフトに私の唇を包む。

角度を変えながら次第に深くなっていくキスは、何も考える隙を与えないように思考を溶かしていく。

ウィスキーの芳香が残る甘く苦い口付けに身を任せ、切なげな吐息を漏らしていた。


この作品のキーワード
医師  ドクター  オフィスラブ  胸キュン  ドン底  溺愛  赤ちゃん  崖っぷち  大人の恋  イケメン