午前の診療が終了に近付く昼、十二時半過ぎ。

待合室の患者さんもあと二人。

一人はお会計も済み、診察を待つのは一人の妊婦さんのみだ。


「あと一人か」

「わっ、あっ、先生、びっくりした」


午後のカルテを棚から出していると、いつの間にか受付けへと先生が現れていた。

手を伸ばして取ろうとしていた棚の上のカルテを、長身の先生が代わりに軽々と抜き出してくれる。

「驚きすぎだろ」と笑って差し出した。


「ありがとうございます……」


まともに先生の顔を見上げられない。

先生に付き合ってと言われて一緒にお酒を飲んでから、もう三日……。

あの日の翌日、気付けば私は自分の部屋のベッドで朝を迎えていた。

もちろん一人で、いつも通りの状態で、だ。

慣れないお酒に酔って、先生にあんな形でキスをされて、その後の記憶をたどると、先生は黙って私を腕の中に抱いていてくれた。

何をするわけでもなく、ただじっと。

私は先生の上手すぎた口付けに完全にやられ、蕩けてぼんやりとした状態で身を任せていた。

その後からの記憶がまるっとなくなっていて、状況からすると私はそのまま眠ってしまったのだと考えられる。

この作品のキーワード
医師  ドクター  オフィスラブ  胸キュン  ドン底  溺愛  赤ちゃん  崖っぷち  大人の恋  イケメン