原題【氷の王太子は甘い恋情に惑う】
2018年3月 ベリーズ文庫より書籍化

こちらは改稿前のものになるため、誤字・脱字・設定の変更等があります。
ご了承くださいませ。

*****


小国ピエトーネから大国フィアーコへ
嫁ぐことになったマリアンヌ。

そこに待っていたのは
『氷の王太子』と呼ばれるレオンだった。



「私に構うな」

「レオン様は私の夫となられる方ですから。
構うなと言われましても困ってしまいます」



拒絶されながらも
マリアンヌはレオンに笑顔を
取り戻させようとする。



「私を翻弄するな」

「どうか私をレオン様のおそばに置いてください」



少しずつふたりの距離は近づくが
マリアンヌには自身でも
知らない秘密があった。



2017年9月15日



好評発売中

あらすじを見る
小国の王女・マリアンヌの嫁ぎ先は、大国フィアーコの感情を失った“氷の王太子”レオンだった。拒絶されつつも彼の心を開こうとするが、あるきっかけでマリアンヌの過去が明かされると――「もう離さない」と彼の表情が一変、真実の愛を誓われる。婚礼の儀を前に、「一刻も早くお前が欲しい」と日々甘く迫られ、レオンとの愛を深める王宮生活。だが裏ではある企てが進んでいて…!?
この作品のキーワード
ドキドキ  胸キュン  ファンタジー  政略結婚  クール  記憶障害  甘い  溺愛