___いつからだろう



こんなにも死にたくなったのは。

でも生きたいとも思ってしまう自分がいるのも情けない。



死にたい…と周りに宣言したら、実行しなければならなくなるのではないか。
そう思い、何人かには宣言した。

まぁ、どうせ心配されたいだけだろ。

、、、そー言われるのも仕方ないかな

けど、そんなんじゃないよ。


ちゃんと死ぬ日は決めてある。


でもね、まだまだやりたいことも残ってる。

そのやりたいことが全部達成できないことだって分かってる。


仮に『人生で1度は受験したい』
という願いだとしても、
受験する前に死ぬと決めてたら、できないでしょ?

゚・*:.。..。.:+・゚゚・*:.。..。.:+・゚



これは私の死ぬまでの想いを書き留めるための、のんびりと書く日記みたいなものである。



小林 奈楠 -Kobayashi Nana-
中学二年生♀



※途中で出てくる登場人物はその時に紹介します。

途中で登場人物まとめを作成します。


※誤字、脱字や文の使い方が違うところがあるかもしれません。

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
実話      中学生  学校  野いちご大賞