春、社交界シーズン。

しかしビアンカの目当ては、出会いではなくそこにある料理だった。


今日も豪華な料理に舌鼓。
至福な時を味わっていると、ある人から声を掛けられる。


お酒に、料理に、思いがけず弾む会話。


……しかし。

ビアンカが正気に戻ったとき、驚くべき光景が広がっていた。




――なんで私、裸で王子の隣に寝ているの!!



ほんの些細な過ち。

それが大きな一生の縁を招く。



「私から逃げられると思いました?


 残念。一生離しません」






こちらは、お腹いっぱいに満たされたいっ!スピンオフ作品
となっておりますが、前作を読まれていなくても問題なく
読める作品となっており(たいと思いたい)

この作品のキーワード
  敬語男子    王太子  男爵令嬢  ラブコメ  一夜の過ち  ファンタジー