「……ねぇ、俺のこと好き?」


いつも、彼は聞いてくる。


「……嫌い」


私は、あまのじゃく。


彼は、それを知っている。


「そっか」


だから、そんな笑顔でいられるんだ。


私だって────。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..


これは、あまのじゃくな私の、

少しの勇気の物語。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..

この作品のキーワード
可愛い  ほのぼの  あまのじゃく  反撃