「そなたが妾の……か」



綺麗な女の人だなあ。
でも上手く聞き取れないよ。


「あのっ、今なんて言ったんですか!?」




その人は微笑むと霞んで消えていった。



ピピピピ!
「…ん?なんだ夢か。」


ツキシモサクラ
私、月下咲羅です。
私の家は大昔から伝わる神社なの!
私もお手伝いしたくてお父さんに頼んだら、巫女の仕事が貰えて。


よーし!頑張るぞっ






初めまして。夢しずくと申します。
始めて書かせて頂きますので文章になっていないかもしれないです。ご了承を(;´д`)
よろしくお願いします!

この作品のキーワード
学園  神社  お狐様  恋愛  変幻  初恋  高校生  ベタ惚れ  同級生