素直になれたなら、



どれだけ良かっただろうか。







あなたの彼女になれたなら、



どれだけ幸せだっただろうか。







もっと可愛くなれたなら、



私はあの人に近付けただろうか。







あの人の代わりになれたなら、



私はあなたに愛されたのだろうか。







でも今さら後悔したところで遅いから。



もうこんな苦しい想い、したくないから。










だから私は………












この初恋に、バイバイするんだ。















この話はフィクションです。
花梨野が野いちごさんに登録して5周年記念の小説になります。


この作品のキーワード
幼なじみ  一途  片想い  家族  恋愛  初恋  シュウ小説