人間ひとりひとりが違うように
色もひとつひとつ心があるんだ



キミに、あたしの目をあげるよ
その代わり、キミの指先が欲しい


・・・・・・・・・・・・・・
世界から色を失った天才少年
×
色に心が見えるワケあり少女
・・・・・・・・・・・・・・


世界のすべてが敵に見えたとしても
キミとあたしが手をつないだら


もっと、やさしくなれるかもしれない




「その腕、俺が噛み切ってやろーか」





【キミとの出会いが色を与えた】



ねぇ、千歳くん
キミの夢は、あたしの夢だよ


2018/2/25

この作品のキーワード
    青春  胸キュン